家庭教師を選ぶ3つのポイント

家庭教師の指導力

指導力を見極める為にはまずは、知る事。
いくら高学歴にこだわって先生を捜しても、その先生に熱心さが欠けていたら子供は全く伸びません。
逆に、学歴がそこそこでも教育に対する熱意、一人一人に合わせた教育プランなどで子供の成長は驚く程変わります。
また東京などの受験激戦区では少し厳しすぎる家庭教師が多いとも聞きます。

家庭教師の指導力を計る為に、必ずしなければいけない事は、お母さんかお父さんとの面談。
そして、子供との面談です。
子供にも「好き」「嫌い」はあります。嫌いな先生の元勉強をしても成長しないばかりか勉強自体が嫌いになってしまうかも しれません。
将来どういうことがしたいか、東京に出たいなど夢がある場合はそれも応援してあげるといいでしょう。
いくら優れた家庭教師でも、予習・復習をしない子供を成長させる事は難しいので、「好きな先生に褒めてもらいたいから予習を しっかりしよう」と感じさせる事で、大きく違ってきます。

実は優れた家庭教師とは、子供に意図的に勉強させるように仕向けてくれる先生なのです。
何事も【自発的】に取り組むのと【強制的】にさせるのでは、得られる結果が全く違ってきます。
逆に駄目な家庭教師は、『スキル』に頼り子供の正確を考えないタイプの人です。

 

合格実績

家庭教師を選ぶ指標の一つによく「合格実績」というものを耳にします。
しかし、合格実績は、ほとんど考慮しなくとも良い家庭教師(東京レベルの受験に勝てる)を見つける事は出来るのです。

用は合格実績だけでは、判断せず、指導力・実績・料金の3つを総合的に判断する事が良い家庭教師と巡り会う 一番の方法なのです。

料金

料金は安ければ安いにこした事はありません。しかし、表面的な料金で判断してしまうと逆に高くついてしまう場合 がありますので要注意です。

料金タイプ1【教材売り逃げ型】

教材を売る事が目的の家庭教師センターです。
高額の教材を販売し、そのオプションとして家庭教師を派遣するケースも多い様です。

料金タイプ2【違約金徴収型】

契約途中で解約申請を行うと、違約金を請求されます。
しかし、訪問販売法で請求出来る違約金の上限が決まっており、「月の月謝か、5万円、のいずれか少ない方」となって いますので、実際に請求された場合は消費者センターへ 相談しましょう。

オススメ

-- 料金例 --

プロ家庭教師のディック学園
1時間3300円〜
家庭教師のタートル先生
1時間約2200円
REO家庭教師センター
1時間約2600円〜
家庭教師・学参
1時間約1900円〜
家庭教師のファミリー
1時間約2700円〜

pickup

あきたこまちや胚芽米などを送料無料で

大分市不動産 賃貸 アパート【アパマンショップ大分長浜店】

伊豆高原の不動産情報

海外ウェディング・ドレスをトータルサポート

ノベルティの制作

最終更新日:2014/10/22